・SNSはどこまで? SNSの種類は様々です。 有名なものからTwitterのような短文のもの、また、ブログも最近ではSNSの一種と捉えられるようになってきました。 厳密に言えば違うものなのですが、ブログでコミュニケーションを取る事も出来ますので、匿名性の低いブログであればSNSと言っても良いのかもしれません。 SNSも様々ではあるのですが、先に話したように、匿名性の問題があるでしょう。 例えばFacebookであれば本名での登録が原則となっていますので、匿名性に関してはかなり低いでしょう。 自分自身を特定される事も珍しくありません。 ですが、友達との交流のためには本名をしっかりと晒す事が大切になってくる部分もあるのではないでしょうか。 Twitterであれば自分自身の正体を明かす必要はないのですが、SNSとして活用したいのであれば出来る限り自分自身だと解ってもらう事も大切になってくるでしょうね。 また、個人情報をどこまで出して良いのかも一つのテーマなのではないでしょうか。 会社員と言っても会社も様々です。 NECやSONYといった自分が勤めている企業の名前を出している人もいれば、隠している人もいます。 これは他人にバラしても誇れる企業に勤めている人ほど公開する傾向にあると言われています。 ですのでデリヘル嬢なんかですとデリヘル嬢という事を隠してSNSを楽しんでいるケースが多いようです。 デリヘル嬢というお仕事はなんら恥ずかしがるような事でもない、立派なお仕事の一つだと思うのですが、働いている本人にとっては誇る誇らないではなく、知られたくない。 そのような思いを抱いているケースが多いのではないでしょうか。 FacebookにせよTwitterやブログにせよ、職業を明かさなければならない事もありません。 デリヘル嬢だけではなく、自分の仕事を秘密にしている人は珍しくなかったりしますからね。 ・楽しむために! 情報をあけすけにすれば楽しむ事が出来る訳ではないのもSNSです。 ある程度情報を隠す。仲良くなった人だけに教える。 このようなスタンスでも良いのではないでしょうか。 だからこそ、SNSはとても高い人気なのでしょう。 会社員からデリヘル嬢はもちろんですが、学生や自営業、ドライバーなど様々な職業の方が楽しんでいます。 利用者が増えるほどに楽しくなるのがSNSですので、SNS開始当初よりもだんだん面白くなってくると感じる人も多いようですよ。